少年OLの趣味探求所

サブカルをこよなく愛す30代OLのライフログ

【乃木坂】『推しどこ?』に収録されている『乃木どこ?』個人的神回10選/PART1

f:id:maruko_30:20200509195253j:plain

アイドルグループ乃木坂46の”一期生”が好きなまる子です!
今日はそんな乃木坂のかつて放送されていたバラエティ番組『乃木坂って、どこ?』について。 

目次

乃木坂にハマったきっかけ 

乃木坂にハマるきっかけとなったのは『乃木坂って、どこ?』(以下:乃木どこ?)という2011年から2015年に放送されていたバラエティ番組です。

歌ではなく、そこから入りました(笑) 

番組を見ていて、アイドルグループ特有のギスギス感が無かったり、我先女子がいなかったり、競争心・闘争心むき出し感のない(そう見えない)、やわらかいグループの”調和”の雰囲気に惹かれました。見ててとても気分が良い。

更にバラエティ番組としてメンバー個々の良さが出ていて面白い!とまんまとハマってしまいました。 

『乃木どこ?』を見漁るために『推しどこ?』を集める

そして『乃木どこ?』を見漁るべく、番組の放送回の中からメンバーセレクトで企画回が収録されている、『推しどこ?』というDVDをを少しずつ集めてきました。

かなりの数集めた(見た)ので、今回はその『推しどこ?』に収録されている企画回の中で、個人的に好きな回(神回)を10個選んでみました。 

■選考基準
・現在私が所持している視聴した13枚分(堀以外)での選出になります。
・メンバーは私が読んでいる呼称で書いています。(呼び捨てもあります。)
・基本”箱推し”なのでメンバー単位での贔屓で選出はしていない(つもり)です。

超個人的『推しどこ?』の神回(好きな回)10選/PART1

収録されている54回を10個に泣く泣く絞ったので、「あれを入れてないなんて!」というのもあると思いますが、個人的な好みなのでそこは大目に見てくださいね...。 

※放送回順に並べています。

① #012/初めての料理力チェック! 

※生田絵梨花の『推しどこ?』収録 

後世語り継がれる、ヤバい調理や料理を発動させまくった伝説回。

アイドル”と”料理”という何も起きないわけがない鉄板の組み合わせで、もちろん何かがおきます。

番組放送12回目とまだまだグループ初期時代、みんな若いので、料理は出来なくて当然。と思いつつも、期待を裏切らないとんでもない料理が出来上がってきて、その調理過程込みで笑えます。

いくちゃん(当時14歳)が”出し巻き卵”に挑戦した際、IHにダイレクトに卵をブチ込んだ未だに語られる「生田IH事件」や、その後の始末(彼女の想像する出汁の概念)など、彼女の狂気っぷりが有名ですが、個人的にはさゆりんご(当時19歳)も同じくらいイカれていた思います。地獄絵図と呼ばれたゴミの王者・生春巻きや、泥遊び以下の化学実験風・五目チャーハンなど見た目から大分キテます。 

せいたんのロール白菜、メンズエッグ発言も彼女を語る上では絶対に出てくる名言、名場面です。

個人的には生春巻き組も中々に秀逸だったと思います。ゆみ姉の生(焼け)春巻き、生駒ちゃんの生餃子(美味しいらしい...)が印象的です。

そのほかにも生み出される衝撃珍料理の数々、ある意味で名場面に溢れた回です。 

② #069/焼肉争奪ガチバトル  

※白石麻衣の『推しどこ?』収録

関東チームと地方チームに分かれての焼肉をかけた3本勝負回。

焼肉にここまで必死になる、めちゃくちゃ嬉しそうに、美味しそうに食べる、みんなの姿が大好きで選びました。流石、ケンカをするなら食べ物のことくらい。と言わしめる乃木坂だなという象徴のような回です。

ゲーム自体も各ゲーム笑いどころが満載です。

「タライギリギリストップ」でのまいやんの本人だけが自信満々な秘策のあっけなさすぎる末路、なぁちゃんのグズグズ、いくちゃんの奇跡、設楽さんのへぼっぷり。 

「足つぼレースクイズ」での健脚まいまいと、さゆにゃんの不健康状態(震える犬)、そしてまいやんの涙(ガチヘコミ)。それが自分へのふがいなさなのか、みんなへの申し訳なさなのか、焼肉への未練なのか、ホントに何度も言うけど焼肉にここまでなれるみんなが大好きです(笑) 

「ティッシュバレー」での地味過ぎてグッダグダな展開も視聴者としては面白過ぎました。激戦と笑いで酸欠を起こし呼吸困難になるメンバーや、日村さんの使い方が残念過ぎるのもゲームの盛り上がりとしては最高です。

企画を忘れてあまりに焼肉が食べた過ぎてガチで泣いちゃったさゆりんごもこちらは冷静に笑えるし、生駒ちゃんの名言「地方だからですか~!」は鉄板中の鉄板。

なぁちゃんの『推しどこ?』に収録されている「イメージを変えろ!乃木坂46番長決定戦!」しかり、ただ出身地で分かれただけなのに、関東チームと地方チームのバランスが絶妙です。 

③ #073/乃木坂46 5thシングルキャンペーン  

※秋元真夏の『推しどこ?』収録 

5枚目シングル『君の名は希望』の選抜メンバーがヒット祈願でスカイダイビングをやる1名を決めるために、朝まで生テレビ風討論会を行う回。

みんな自分がスカイダイビングをやるのを回避するために、「いかに自分がふさわしくないか(飛ぶべきではない)」をテーマに順に意味不明な言い訳を連発し、壮絶な擦り付け合いと罵り合いを行います。これがしょうもなさ過ぎて笑えます。

当時20歳のまいやんは「みんなより、すんぞう(心臓)が弱まってる。」というまさかの老いを盾にして回避を試みたり、ななみんは言い間違いを上げ足取られてものの数秒で自滅したり、みんなの異常なまでの必死さと足掻きに笑えます。 

真夏さんが追い詰められて感情がピークに達した際に出たしまった「あ゙ぁ!?」や、「誰が飛ぶべき?」という質問に、「みんな!」と高田延彦風に答えるガヤのかずみん、生駒ちゃんの言葉に”黒石化”するまいやんなどなど笑いどころ盛りだくさんです。

ちなみに”黒石さん(黒石化)”というネーミングがつくのはもっと後なんですが、ここが”黒石さん”(顔が怖すぎるまいやん)の初登場シーンだと思います。

みんなのヒートアップぶりに収拾がつかなくなって日村さんが言い放った、「このグループはばらばらになりかけています!」という煽りも面白い。

同じく真夏さんの『推しどこ?』に収録されている、いざスカイダイビングを行った回でのみなみちゃんの後世語り継がれる名言と、真夏さんの引きの強さも含めて必見のヒット祈願です。 

④ #103/4コマイラストで映画をオススメしよう! 

※若月祐美の『推しどこ?』収録 

各メンバーが観た映画作品を4コマ形式で紹介する、画力むき出し回。

各メンバーの画力チェック、プレゼン(選んだシーンセンス)、設楽さんと島田秀平さん(日村さんの代理)の鋭いツッコミが一度に楽しめるお腹いっぱいの回です。

1作品に対して大体2人がプレゼンを行うため、必然的に対比の対象にされ、画力のあるメンバーと、同じ作品をプレゼンする下手側(個性的側)が弄られるのが面白いです。

『ルパン三世 カリオストロの城』における、かずみんのルパえもんと不二子のおにぎり、相手のまいまいが完璧なプレゼンをしたが故に出た設楽さんの「高山のクソだな!」発言でめちゃくちゃ笑いました。

生駒ちゃんと若月の『ターミネーター2』の違いも面白いです。生駒ちゃんのおなじみのオリジナルキャラ、てーんちゃん仕様の緊張感皆無のT-800はある種いい味を出してて私は好きです(てーんちゃんの顔なのにごりマッチョとか)。てーんちゃんを知らない島田さんが1人取り残されしまい、”てーんちゃんストレス”を発病するのも面白い。

キャプの書いた棒人間とたけのこ『ジョーズ』における、「絵のタッチを変えてみた!」というありもしない能力自慢をひけらかし叩かれるのも好き。反抗期時代のみなみちゃんが早送りで見た超手抜き『キングコング』も今や、もはや、ほほえましいものです。

推しどこ?』での未公開シーンのさゆりんごとかなりんの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』もかなり面白いです。画力のないさゆりんごが描いたアインシュタインにつけられた、”なんも考えてない犬”が最高。表紙で力尽きた、かなりんも最高。

いくちゃんの個性的すぎる名画『E.T.』が最後全てをかっさらっていきますが、画力で何もかもをぶち壊してるメンバーと、本格派の真っ二つに分かれていて見どころが多いです。 

⑤ #112/秋元真夏presents 乃木坂46運動オンチNO.1決定戦! 

※秋元真夏の『推しどこ?』収録

 運動オンチメンバーが存分にダメっぷりを見せつけてくれる運動オンチNo.1を決める実践調査回。

真夏さんは前評判どおりグズグズグダグダなので置いといて(笑)、真夏さん以外のメンバーのハプニングがてんこ盛りで笑いをかっさらっていきます。

「高跳び」でのかずみんの超個性的過ぎる背面ジャンプでお腹よじれるくらい笑いました。MCのバナナマンの2人がイジリ倒したくなっちゃうへなちょこさも、奇跡的に?成功するタイミングも、もろもろ込みで最高。かずみんは本当に持っている。

さゆりんごのニーキックや、頭からつっこんでいく様など彼女も独壇場プレイを連発させます。

 川後Pの意気込みだけが前のめりな「全然いけます!」「100パーです」発言(もちろん失敗する)や、「バスケ」におけるひめたんのふんだりけったり顔面直撃シュート、生駒ちゃんの「投げないで!」など各メンバーの活躍?もといヘボさに笑いが止まりません。

若月の『推しどこ?』に収録されている「新たな選抜メンバー紹介&全メンバー抜き打ち体力測定」を見ても思うんですが、乃木坂の1期生は、ズバ抜けて運動出来る!っていう秀才は(ほとんど)いませんね(いない方がいいけど)。逆にオンチさんは多めで、この回そのメンバーたちが企画を盛大に盛り上げてくれています。 

まとめ

推しどこ?』個人的神回10選 PART1(①~⑤)でした!
PART2(⑥~⑩)はこちら↓