少年OLの趣味探求所

~エセ物書きによる自己満ノート~


【FF7R考察】おさらいと次作予想?「ニブルヘイムの壊滅」はどう描かれるのか?

f:id:maruko_30:20200823193531j:plain

今回は次作予想という名の、雑談です(決してネタが無くなったわけではない...)

先日ティファの「運命ポイント」をまとめる記事を作成した際に気になったことがあります。それは「ニブルヘイムの壊滅」についてリメイク版ではどのように描かれるのか。

次作で明かされる(答えが出る)ことについて、(わざわざ)考えてみるという...。思いついたことをダラダラと書き連ねただけですが、興味がある方は是非お付き合いくださいませ。

※あくまでも個人の考察であり、正解や不正解にとらわれた話ではありません。
※FF7とそれに関わる作品のネタバレがあります!閲覧にはご注意ください!

目次

ニブルヘイムの壊滅とは...?

本編から見ると5年前。当時神羅カンパニーのソルジャーとして英雄とまで称されていたセフィロスがニブルヘイムでの任務中に起こした騒動です(以下「ニブルヘイムの壊滅」で記載統一)。

f:id:maruko_30:20200824184737j:plain f:id:maruko_30:20200824184743j:plain

経緯や詳細については「CC・・・クライシスコア」が一番分かりやすいのですが、原作での描写でいうと、自分の出自に関わる重大な秘密をニブルヘイムの神羅屋敷(神羅の研究施設)で知ったセフィロスが、(盛大な勘違いと共に)暴走し、ソルジャーとして生かされていた実力が仇となり、ニブルヘイムの村や、住む人を焼き払ってしまったという1件です。

企業秘密として隠蔽されたため、公には明かされておらず、この件に関わった(生存した)ごく一部の人間しか事の顛末を知りません。そしてセフィロス以外の誰もが騒動に対してそれぞれがそれぞれに部分的な関わりをした(体験した)に過ぎず、全貌を一度に説明出来る人がゲーム内にはいません(そのせいで話がよりややこしくなっている)。

たとえば、カームで回想説明が入るまではセフィロスがおかしくなった理由をティファは分かっていないでしょうし(引きこもった後に突然えげつない暴走したっていう恐怖のみ)、クラウドはザックスから伝え聞いた情報で補完しているだけです(クラウドが現場に到着したのは最後の最後なのでそれこそ本人自身が自分で得た知識はほぼない)。

f:id:maruko_30:20200731171729j:plain f:id:maruko_30:20200627024516j:plain

ちなみに、この騒動によって、故郷とともにクラウドは母を、ティファは父を亡くしており、クラウドたちにとってセフィロスが憎むべき、追うべき、倒すべき相手であることを原作をプレイした(全てを知る)人は理解しています。

f:id:maruko_30:20200824185534j:plain

しかし、リメイク版では騒動(の詳細)についてはまだ語られてはいません(匂わせる場面は多々ありましたが)。ともすれば初見プレイヤーには現時点でのセフィロスはどう映っていたのでしょうか?正直、クラウドおっかけ隊にしか見えなくないか?とかどうでも良いことを考えたりしてしまいました(笑)すぐ話逸れちゃう...(笑)

◆「ニブルヘイムの壊滅」はティファやクラウドが通過した運命ポイント↓

「ニブルヘイムの壊滅」について描かれている作品

「ニブルヘイムの壊滅」については、「FF7」本編はもちろんのこと、複数の派生作品でも描かれています。いずれの作品も出来事の大筋は網羅されており原作を補完出来る点も多いのですが、個々に騒動に対する視点が異なっていたり、描写や設定に(微妙な)違いもあり、全てをひとまとめに出来ない違和感も存在しています。

そこで以下リメイク版の予測といいますか、「ニブルヘイムの壊滅」における派生作品の取り込みに関する個人的な考え、思っていることを書きだしておくことにしました。

◆大前提としてメイク版では派生作品が取り込まれている(取り込まれる)と思っています。

「BC」と「CC」について/「CC」 

今回取り上げたいのは派生作品である「BC・・・ビフォアクライシス」と「CC・・・クライシスコア」の描写とそれらの取り込みについてです。

まずザックスが主人公の「CC」で描かれている「ニブルヘイムの壊滅」は出来事そのものに関しては「FF7」本編と違和感なく繋がっている印象で、前ふりをしておきながらなんですが(笑)言及することは特にありません。

むしろ断片的で説明不足にも感じる「FF7」での描写や各人の発言、行動に対して、「CC」が、映像としてリアルになっているのはもちろんのこと、セフィロスの心情の変化や(やりすぎ感は否めませんが)結末に至るまでの過程が非常に分かりやすいです。

f:id:maruko_30:20200824184752j:plain

更に「CC」で新たに描かれているザックスとクラウドの(1年近くにも及ぶ)逃亡中のエピソードや演出も含め、原作との接点に違和感がない(感じない)ことからしても、原作を補完することが出来ます。正直なところ「CC」だけで事の成り行きを理解出来るし、描写として「CC」の情報だけの方が分かりやすいかも?と思えるほど要所が押さえられている印象です。

もちろん(説明不足とはいえ)断片が繋がる衝撃の展開が原作の良さであり、あくまで全てを知った上で(原作を知った上で)補完として見るべき「CC」とは立ち位置が違います。両方あってこそ(見てこそ)です。両方見たからこそ「CC」って分かりやすいよねっていうただの感想です。

f:id:maruko_30:20200611162723j:plain

個人的には、ザックスが、逃亡の果てに目指したのはミッドガルだったということの裏付けが出来ることからしても「CC」を(「CC」の設定を)取り込んで欲しい、生かして欲しいという思いが強いです。

◆「CC」がリメイク版に取り込まれていると思った部分(願望込み)↓

「BC」と「CC」について/「BC」 

「CC」が違和感が無いから取り込まれている、取り込まれて欲しいと考えると、じゃあタークス視点の物語である「BC」はどうするの?「BC」で描かれている「ニブルヘイムの壊滅」はどうなるの?いう点は切っても切り離せません。

「BC」も派生作品であり、リメイク版内に既に「BC」が取り込まれているであろう点を見つけているので、「ニブルヘイムの壊滅」についても「BC」での出来事も取り込まれると考えるのが筋です。「CC」より「BC」が先に登場している点も気にかけるべき要素だと思います。

しかしこの「BC」の存在こそがちょっと厄介なんです...。 

※「BC」と「CC」が「ニブルヘイムの壊滅」の描写において相反しているわけではないので、「CC」の内容はここで一旦忘れてください。

◆「BC」がリメイク版に取り込まれていると思った部分(願望込み)↓

タークス来てたの?

「FF7」本編でも、「CC」でも、一切映し出されていない「ニブルヘイムの壊滅」におけるタークスの関わり。「BC」自体がタークス視点の物語であり、そこで「ニブルヘイムの壊滅」が取り上げられているということは...皆さんご察しの通り、騒動にタークスも絡んでいましたよというおはなし。

f:id:maruko_30:20200824175655j:plain

壊滅騒動前後にタークス(ツォン+プレイヤーが選択した操作キャラ)もニブルヘイムに来ていたことや、それにより主要メンバー(ザックス、クラウド、ティファなど)との絡みがあったこと、すなわち「ニブルヘイムの壊滅」において、(ある程度の)接点や情報をタークスが保持している(いた)ことが「BC」で映し出されています。壊滅した村の後始末のためにレノやルードも来ていたことも明かされます。

f:id:maruko_30:20200824184748j:plain

これらについて、(私を含め)「BC」未プレイの方々は、原作や「CC」とは違う新たな視点(エピソード)を楽しむということ以前に、「そもそも君たち(タークス)、ニブルヘイムに来てたんだ...あの時いたんだ...実際は色々知ってたんだ...」という衝撃を受けるのではないでしょうか?

タークスのメンバーそれぞれも、例に漏れず部分的な関わりのため、自分に与えられた任務や対応をしたに過ぎません。仕事だし詳細は知らないし仕方ないよねと思う気持ちもあります。

タークス知ってたの?

しかしツォンと操作キャラは違います。宝条博士や当時のタークスの主任・ヴェルドの指示が影響力を持っていて反発出来なかったとはいえ、ザックスやクラウド(生存した町の住人)が神羅屋敷に運ばれること、宝条の実験台にされることを知っていたこと。目の前で見ていた、聞いていたこと。屋敷に運べという指示に対して、抵抗した(手を下してはいない)とはいえ止めることは出来なかったこと。が描かれていて、めっちゃくちゃモヤモヤします(なんでこんなストーリー展開にしたんだよ...)。

f:id:maruko_30:20200824175700j:plain

操作キャラ自身もタークスのあり方や行動にこの出来事以後疑問を持ち、苦悩する姿が描かれており、セフィロスの真実や宝条の最終目的(実験の詳細)までを知っていればもっと足掻いただろうな。と、ザックスたちが4年間実験台になったのち逃亡し「CC」のラストになってしまうようなことはなかったかもしれないな。と(若干苦しいところもあるけど)思えはします。(私自身、資料を読んだだけ、プレイ動画を見ただけなので解釈違いがあるかもしれません)。

決して「タークス(特にツォン)って色々知ってたくせに、原作や「CC」であの対応ってなんなんだよ...」という批判的な意見を上げたい訳ではありません(ちょっと思っちゃいはするけど)

そもそも所在を知っていたからってツォンやタークスで何か出来たのか?助けられたのか?逃がしてどうする?と思うし、ツォンは知っていたからこそ、何もできないからこそ、エアリスの手紙を88通も預かったのかな(「CC」)という見方も出来ます(そう考えると切ないな...)。

f:id:maruko_30:20200823193520j:plain f:id:maruko_30:20200823193526j:plain

何が言いたいのかというと「BC」をやっていなければ(「BC」の知識がなければ)、上記の詳細どころか、タークスがそもそも騒動に関与していたなんて思ってもみないプレイヤーが大半です。すなわちリメイク版で騒動に対してタークスの関与(「BC」)をそもそも取り込むか否かという点がまず気になります。

そして、取り込むのだとすれば、物語の見え方(主にツォンやタークスに対するイメージ)が良くも悪くも変わってくるのではないかなと思います。 

「ニブルヘイムの壊滅」がどの程度描かれるのかが分からない以上、「BC」(タークス)の存在はこの件に関しては無きものにするでも、「CC」のように描写を省くでも飲み込めはします。0にも100にもなる要素だと思います。ある意味「CC」で「BC」のことは上書きされたという考え方もアリなのかもしれません(それは都合良すぎるけども)。

しかし今回ネタにした以上は、リメイク版でも「BCの出来事も取り込まれる」と仮定してもうちょっと深堀りしてみたいなと思ってだらだらとここまで書いてきました(ここに来るまでに5,000字...)。今しばらくお付き合いください。

「BC」のキャラクターの存在

「BC」ではプレイヤー自身が性別や武器の異なる複数のタークスメンバー(プレイヤータークス)の中から操作キャラを選択する仕様で、デフォルトネームもないため(プレイヤーが名づけるため)、ツォンの横にリメイク版では誰を描くのかがひっかかります(レノとルードは後始末で登場し、イリーナは当時まだタークスではありません)。

f:id:maruko_30:20200826164744j:plain

が、、、! この要素に関して使える人物がいることを察しが良い人なら分かりますよね?

そうです。

手裏剣(女)もとい、ザックスおっかけ隊もとい、シスネです。

このブログでも一度だけ名前を挙げただけなのに検索流入が凄い人気者、みんな大好きシスネ。シスネについては別で取り上げたいくらい私も大好きなキャラクターです(彼女もまたザックスとの距離感がいいんです)。

そんなシスネ、原作では(後付けの設定で)一切登場しないにも関わらず「BC」でプレイヤータークスとして出現の後、唯一名前が付いて「CC」に登場した出世頭なんですよね(「BC」からシスネが選出されたのは意外といえば意外・・・出番が遅すぎる)。

そして、「CC」を復習していて気づいたのですが、「BC」を思わせる発言がまさにシスネの口から発されていました。

ザックスが研究施設からクラウドと逃亡し、それを追ってきたシスネとどこかの海岸で再会する場面(海岸でタークスと遭遇するのは「BC」にもあるシーンです)。

シスネはザックスが今日まで実験サンプルであったことを知っており、クラウドを見てニブルヘイムで回収された人物であると気づきそのことを発言しています。これらはニブルヘイムが壊滅したあの日、あの場にいた人物しか知りえないことです(実験の詳細を分かっていない点も「BC」の内容と辻褄が合います)。

更にザックスに移動手段を与えるなど逃亡を手助けする動きをすることからも、あの日言いなりになるしかなかった行動を悔いていて、あの時出来なかったこととして協力していると思うことも出来ます(この行動がなければ…通報して早々に捕まえてれば…とそんなことを考えてしまう日もありますが...)

すなわちそれは「CC」に「BC」が取り込まれているはずだということや、シスネが固有キャラとしてニブルヘイムのあの場にいたという体で「CC」の物語が解釈されていると考えることも出来ると思います。取り込まれているとすれば「CC」での終盤のツォンとシスネのやり取りやセリフなども「BC」を思ってグッときます。

シスネの物語への関与については「BC」と「CC」でザックスとの関係性など接点がごっちゃになっていて(詳細は省略)整理のしがいもあると思います(アピール)。

f:id:maruko_30:20200817015023j:plain

実際「BC」を取り込んでいるにしては「CC」は「BC」について描写不足で分かりづらい部分も多いです。「CC」では上記のシスネの海岸のセリフでしか「ニブルヘイムの壊滅」におけるタークスの関与を思わせる(「BC」を意識する)部分がないので、シスネが発した言葉に対して、「BC」をプレイしていなければ、なんで(あの場にいなかったはずの)シスネが色々知ってるんだよ?という疑問が生まれるだけの気もします。

しかし、リメイク版でそれらも全て繋がるかも?、分かりやすく描かれるかも?整理されるかも?と今は期待して待ちたいなと。待っている(予測している)時間が楽しいなと思います(末期)。

原作通りであればシスネのその後は描かれないのかもしれませんが、回想だろうとも、ただ単純にリメイク版のクオリティでシスネを見たいじゃないですか!シスネと一般兵クラウドやカウガールティファが絡んでるところを見てみたいじゃないですか!それだけ!

「BC」にあった、ティファに「クラウドって子を知らないか?」と聞かれたり、クラウドから「ティファには自分が村に来ていることは内緒にして!」とお願いされる、2人ともと絡む(全てを知る)タークスメンバーがシスネだったら...そのシーンがあったら...って考えただけでワクワクしませんか?(願望がやばいな)。

おまけ:彷彿とさせるシーン? 

まだ終わりませんよ(笑)

おまけで、リメイク版で「ニブルヘイムの壊滅」を彷彿とさせるシーンを、超個人的で細かすぎる独断と偏見で載せておきます(確証とかがある訳ではなく私にはそう見えて、聞こえて仕方ないよーってただの雑談です)。

ティファの白猫/「BC」

「BC」ではニブルヘイム騒動時にティファが飼っていた白猫。名前はわからない。首輪はピンク?赤?っぽい(ガラケークオリティなので分かりづらい)。が物語に絡んでいます。

f:id:maruko_30:20200827022704j:plain f:id:maruko_30:20200827022659j:plain

リメイク版でセブンスヘブンの前にいる白猫や、 猫探しのクエストがあの猫ちゃんを連想させているように見えて仕方がなかったです。ティファ、あの猫のこと覚えているんだろうか...。

一番のガイド/「原作」「CC」

ニブルヘイムの魔晄炉へのガイドとしてやってきたティファがイキった「(村で)一番のガイド」というセリフ。

f:id:maruko_30:20200731171720j:plain f:id:maruko_30:20200731172715j:plain

有名ゲーム実況者・牛沢氏同様、ティファがなんでも屋の仕事についてきてくれるという場面でのワードセレクトで原作の場面を思い出しました。

ん、もう!/「原作」

魔晄炉へのガイドの後、中に入れないと置いてけぼりにされたティファが怒る場面での「ん、もう!」というセリフ。

f:id:maruko_30:20200824175705j:plain f:id:maruko_30:20200731171754j:plain

リメイク版でバレットに怒るシーンでのセリフを聞いて、ピンと来た私は変でしょうか?(笑)意図的に”もう”の前に”ん”が入っている感じね。怒ると出ちゃう口癖ってところでしょうか。

ティファの15歳時の声優も伊藤歩さんなので、次作以降またこの「ん、もう!」が聞けるかも?

個人的にこのシーンでバレットのでかい声にのけぞるティファの動きがめっちゃ好きです(笑)

おまけ:「LAST ORDER」

「AC・・・アドベントチルドレン」のDVD発売時に売り出された「ADVENT PIECES: LIMITED・・・アドベントピーシーズ:リミテッド」という定価3万円にもなる、「AC」のディスクの他にアパレルやフィギュアまでついた豪華絢爛限定品。こちらにのみ付属された特典映像扱いのアニメ作品「LAST ORDER -FINAL FANTASY VII-・・・ラストオーダー」。この約25分のアニメでは、ツォンの視点でザックスとクラウドの逃亡期間を主軸に、回想で「ニブルヘイムの壊滅」が描かれています。

値段もさることながら「AC」に追加映像が加わった「ACC・・・アドベントチルドレンコンプリート」が存在している今、より一層、人目につきにくい存在であることに間違いのない、ある意味レアな、シリーズ内でも1,2を争う知名度の低い作品ではないかと思います。

そんなアニメ作品を紹介するのには理由があって、「ニブルヘイムの壊滅」が描かれている作品ということで挙げるのと同時に、”独自の解釈による外伝的作品”公式書籍で紹介されている異種的存在であるということ。

作品内では騒動や研究施設からの逃亡について大筋は網羅されており、「BC」での出来事も取り込んだ、空白期間を補完出来る内容ではあるものの、騒動時に「魔晄炉の中でクラウドとティファが会話をする」など、「いやそれは色々話変わってきちゃうよ!」な受け入れがたい描写もあり、この作品単体で見ないと、原作との間違い探し袋叩き大会になってしまうような致命的な相違点も多いです。

f:id:maruko_30:20200823193514j:plain

そしてそれらの相違点や違和感に対して、悩むまでも、考えるまでもなく、公式は”独自の解釈による外伝的作品”と言い切っており、その記載を持って、別物としての扱いと捉え、「LAST ORDER」で描かれていた設定側がリメイク版に取り込まれることはないと言えると思います。

これは作品をのけ者にしたいということではなく、あくまでも”独自の解釈による外伝的作品”として楽しむべき存在、逆に言うと独自の解釈だからこそ面白い、興味深い、部分もあるのではないかなと。

なによりこんな作品もあるということ自体をお伝えしたくて今回紹介しました。かの有名な「マッドハウス」が製作し、声優陣は豪華ないつ面なので、知名度の低さを不憫に思います。興味がある方は是非見てみてください。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[FINAL FANTASY VII]
Copyright (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

[FINAL FANTASY VII REMAKE]
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO