少年OLの趣味探求所

~エセ物書きによる自己満ノート~


「FF7R」の考察記事で弱小ブログがGoogle砲を授かった記録

f:id:maruko_30:20200902114306j:plain

ずーっと書こう書こうと思いつつもFF7の記事を優先させていたら(だらだら寝かせただけ)、気づけば2ヶ月も前のことになってしまっていました...。

今更ですが2ヶ月前に俗に言う「Google砲」を授かりました。

とっくの昔に熱も冷めきった、味のしないガム状態ではありますが、とにかく事象として(せっかくグラフなんかも作ったので)記録を残しておきたいと思います。

今回ゲームの話はしてませんが、興味のある方は是非。

目次

恩恵を受けた記事

先日世界累計出荷・DL版販売本数が500万本を突破した、神ゲー「FINAL FANTASY VII REMAKE」

23年の時を経て降臨したリメイク版をプレイした際に、オリジナル版(原作)から表現が変わったシーン(展開)があり、そこが自分的に好きだったため、比較してまとめた記事でした。 

そもそも「Google砲」とは...?

スマホ版(アプリ版)のGoogleのトップページ(検索画面)に表示されるおすすめ記事(Discover)に一定期間掲載されること。それにより短期間ではあるものの爆発的なアクセス数の増加が起こるありがたい事象のことです。

ユーザーの検索ワードや閲覧履歴から選び抜かれた記事が掲載されるため何気なく開いたトップページに「なんで私のツボを押さえてるの!?」と恐怖すら覚える(笑)興味を惹くニュースやブログ記事が出現し、みなさんも一度は誘導されたことがあるのではないでしょうか?

必要としている(興味を持っているであろう)人のトップページに”あなたへの”おすすめとして表示されるため、必然的にアクセスも見込める(読んでほしい人の元へと届く)というWin-Winな関係。今回の1件でいうと、「FF7」関連の検索を行ったり、ニュースなどをよく読まれていた方のトップページに私の書いた記事が出現していたと思われます。

「Google砲」と分かる理由

アクセス数の激増で人目に付きやすい何らかのサイトに掲載されたことが分かります。そして「Google砲」はブログの管理画面内のアクセス元欄に「googleapis.com」と表示されます。この「googleapis.com」からの尋常じゃないほどのアクセス=Discoverからのアクセス=おすすめ記事に載っているよ!ということです。

一度「Google砲」を受けると、Google Search ConsoleにDiscoverという項目が出現して、以後も別枠として記録が確認できます。

アクセス推移

一応はてなブログの数値のログを取っていたので、グラフを作ってみました。

記事ではなく、ブログサイト自体へのアクセス数ですが、当時サイトに5記事しかなかったことを考えると、ほぼ全て「Google砲」による該当記事へのアクセス数といっても過言ではありません。

f:id:maruko_30:20200901221336j:plain

(見づらくてすいません...クリックで大きくなります。)

記事をアップしたのが6/30(火)20:10。「Google砲」に気づいたのは翌日のお昼だったため、正確な掲載期間(何時始まったか)は分かりませんが、日に50アクセス程度だった弱小ブログが1時間でその数値をゆうに超えているところを見ると、アップ後まもなくおすすめ記事に掲載されていたのではないかと推測されます。

最大時は1時間で800件近いアクセス(7/1(水)20:00)があり、「Google砲」を受けていたと推測される期間中(2日間)で、のべ13,000件ものアクセスになりました。

f:id:maruko_30:20200901173938j:plain

利益を生み出しているようなサイト経営者の方から見ると、(所詮)日常的なアクセス数なのでしょうが、ゲームというジャンル、さらには「FF7」というタイトルまで絞り込まれた限定的なコンテンツの、極めて個人的趣味嗜好さらけ出し記事が選ばれたこと、これだけのアクセス数があったという点で「Google砲」の偉大さや影響力を感じた次第です。

期間

恩恵を受けていたのはおよそ2日間(50時間ほど)。

Google砲の期間(掲載期間)の目安は30分~48時間と言われているそうで(ニュース記事扱いなので日々入れ替わる)、その点を考慮すると最大限の恩恵を受けることが出来たのではないかなと思います。結果的に2日間とはいえ(2日で)100アクセス目安のサイトに13,000アクセス、およそ130倍のアクセスがあったわけですから...。

「Google砲」の要因を色々と考えてみた

わたしは「Google砲狙うぞ!」と記事を書いたわけではないので、逆説になるのですが、「Google砲を狙うならこれ!」とレクチャーしてある情報サイトから、それらしい?項目をいくつか抜き出してみました。

短期間に大量の流入を発生

間違いなくこれは当てはまっている項目です。実は他の項目はどれも決め手に欠けるというか、「確かに!」感がないので、もしかしたらこれだけで「Google砲」を起こしたのかもしれませんし(そんなことはないとおもいますが...)、これだけは唯一自信を持って要因だ!と言えます。

f:id:maruko_30:20200902114300j:plain

はてなブログには(他のブログサービスもそうですが)記事公開時にTwitterとの連動が可能で、ブログを更新した際にはそれを使用して、Twitterユーザーにもお知らせをします。

当該記事は連動の際に、記事内に登場するゲームのキャラクターであるクラウドとティファ、そしてそのカップリングを形容する「#クラティ」というタグをつけました。カップリングのあーだこーだや、界隈の事情をまったく深く考えず、どこをどう読んでも「クラウドとティファについてのこと」、「ふたりの関係性を連想させる内容」のため、分かりやすいかなーと安易な理由でそのタグを使いました。

そしてこのタグのおかげ?でゲームやクラウドとティファのカップリングが好きな「クラティ(派)」と呼ばれるファンの方々の目にとまり、私の熱量(執念)が通じたのか(笑)、ありがたいことに記事に対して嬉しい感想や反応をたくさん頂けました。

早々にリツイートもたくさんしていただいて、ゴールデンタイム(夜ゆっくりネットを見る時間)とも繋がって、それが結果的に「短期間の大量の流入」を生んだのだと思います。全て予想の話ですが体感としてこれが一番納得がいく動きでした。

コンテンツの話題性

これはピンとこず。なんせ4/10に発売されたゲームについて、約3か月後にねっとり書いてるわけですからね(笑)発売から3ヶ月はさすがに旬を過ぎている感覚ではありますが、Twitterでのゲームに対する盛り上がりを見てると(発売から5ヶ月経った今も中々のもの)熱量は持続されていたのかも?(話題性はあったのかも?)とも思います。

とはいえ発売直後(せめてGWまで)に記事が書けてたらもっとなぁ...。なんて(笑)

Google(ユーザー)に評価されること

「Google砲」はGoogleがユーザーに「こういうの好きでしょ?どう?」とおすすめし、「ためになったよありがとう!」を生むためのGoogleのサービスでもあるわけですから、発信元(記事作成者)はまずGoogleに「これいいじゃん!載せちゃえ!」と好かれることが大事なわけです。

この、好かれるの定義も開示された情報がある訳ではないので結局予想の範疇を超えないのですが、基本的にはネットを使うユーザーが安心・安全・快適にサイトを閲覧出来る、ユーザビリティが(最低限)あって、禁止テーマやワードを記事内に盛り込んでいないかなど、Googleが提言しているルールに基づいているか(違反していないか)だと思います。

この辺、私自身普段あまり意識したことはないのですが、「Google砲」を受けた=条件を満たしていると考えてもいいのかもしれません(PageSpeed Insightsでは決して良い点数ではありませんがね...)。

ちなみにはてなブログのテンプレートは初期から「ZENO-TEAL」を使用し、カスタムはほんの少しだけやってます。

サイトの専門性

私のゲーム(FF7)への追求を専門的と呼ぶのであれば(笑)要件かもしれません。

画像を使用する

私の使用しているテンプレート「ZENO-TEAL」は構造上、記事の一番初めに画像を使用することが(ほぼ)必須のため、必然的に画像を使用した記事になります。

そうでなくても長文を書くことが多いので、文字まみれになると見づらい、読みにくい、飽きると思い画像は使用するようにしています。

文字数(SEO対策)

f:id:maruko_30:20200902154340j:plain

当該記事はリンクなども込みで7,000字。

これはブログを書いている人からすれば多い方に分類されると思います。そしてGoogleからの信頼性(検索上位)に反映されやすいのは文字数が多いか少ないかでいったらもちろん多い方です。

まぁ当然と言えば当然で、文字が多い=ワードがたくさん=(必要とされる)情報が盛り込まれている”はず”という点であり、中身がどうとかではなく極論長ければ良い。という話になってしまうのかもしれません(この辺の細かいことまではわかりません)。

「Google砲」=「SEO対策」=検索ワード上位に繋がると考えられています。

※「Google砲」と「文字数」の関連性はサイトによって二分されていましたが、「文字数」=「SEO対策」は基本の考え方で合っているようです。

世間一般的には短い文章でいかに分かりやすくまとめることができるかが良しとされていますが、Google先生の評価はコンピューターがやる以上必然的にそうなりますよねって話。

リアルな仕事では上司に「(文章を)削れ。もっと端的に。」と日々指摘とやり直しを食らっているわたくしですが、脱線と(無駄な)量増しが得意なので(笑)、対コンピューターとは上手くやっていけそうです。ただこのクセが仕事に出ちゃうからやっぱり良くないよなぁと思います...。いつも話が長くてすいません (さすが文系でしょ?)。

ちなみに私のブログで現時点で文字数が一番多いのは9,500字のこの記事。 

安定して閲覧が人気上位にいるのは9,000字のこの記事。 

最後に

発生の要因については私にも分からないことだらけで、憶測での感覚的記載になってしまっていますが、経緯としては(記事更新時間や行動など)細かく記載したつもりです。

f:id:maruko_30:20200902154331j:plain

「Google砲」を受けての感想としましては、事象自体はあっという間の出来事で気づけば始まり、終わってたという感じ。しかし、自分が書いた記事にレスポンスがあることの喜びや、それによりモチベーションがアップし、とても嬉しい出来事でした(Twitterのフォロワー数がめちゃくちゃ増えて、知り合いが出来た錯覚(笑))。偶然の産物とはいえとてもいい経験になりました。

 

次はまた「FF7」の記事を書く予定です(まだネタがある)。

気づけばこの数か月だらだらと書きながらも、ずっと「FF7」と向き合ってます。幸せです。

ではまた。